アリバイ会社のすべてを語ります。

アリバイ会社のサービス内容

アリバイ会社のすべてを語ります。

アリバイ会社のタイプ別の利用法

アリバイ会社にはいろいろなタイプがあります。一番オーソドックスなものはアリバイ会社が所有している会社に在籍させてもらっていることにして、保育園の申請書類やバイトに出す書類などを作成してもらったり、昼間の時間帯に電話の応対をしてもらって、自分が会社で働いていることを証明してもらうことなどができます。

 
なぜアリバイ会社が必要なのかというと、風俗業や飲食業などで働いている人の多くは店の名前を出すのがはばかられるということがあり、また日本という国が会社名や職業などで個人を判断しやすいために、結婚をする時に相手方の両親が考えている真っ当な職業についていないことで、不利益を被るのを防ぐためにも利用できます。

 
アリバイ会社にはアリバイを作るために機能している会社も存在していて、遊びに行っているのにもかかわらず出張しているようにみせるための飲み屋の騒音を流したり、夜遅くまで働いているような雰囲気の中で電話ができるようにするなどの工作もできます。

 
どちらも広い意味ではアリバイ会社なのですが、本来は書類の作成や身元確認のために利用するものなので、困ったときには短期間でもこのシステムを利用するとなんとかトラブルや困難な状況を切り抜けられる可能性が高まります。

 
料金システムは会社によって異なりますが、おおむね1ヶ月単位の契約となっていて、電話応対や書類作成などに関しては必要な人だけが利用できるオプション契約となっていることが多くなっています。

 
アリバイ会社は複数の会社を運営しているので1か所がだめになっても他の会社を利用してアリバイを作り続けることができるので、長期間利用し続けている人も数多くいます。生活のために仕方なく風俗嬢をしている人などは夜遅くまで子供を預かってもらえる保育園が必要なので、そこに提出する書類をアリバイ会社で作成して提出することもできます。

 
注意点としては提出可能な書類とそうだないものがあるということで、公的な収支が記載されるべき書類、すなわち税額申請を必要とする書類などはアリバイ会社の収支なども関連してくるので作成することができません。

 
そもそも税額などを申請する場合は店の名前が何であろうが関係ないので保育園のようにアリバイ会社を利用する必要性が全くありません。また空白期間が長いためになかなか就職できない人が過去の年収を証明するために利用することも出来ますが、この場合はどのような業務に携わっていたのか説明できるようにしておくことも大切です。

 

おすすめアリバイ会社
アリバイ会社クリア
アリバイコンテンツ